CASE

下あごが前に出ている

名古屋で見えない裏側矯正ならみずの矯正歯科

下あごが前に出ている状態(反対咬合)とは

下顎が前に出ている状態は、専門的には、下顎前突(じょうがくせんとつ)や反対咬合(はんたいこうごう)といいます。一般的には、受け口(うけくち)と言われることが多いです。

普通、上の歯が下の歯を覆い被せますが、下の歯の方が前に出ています。
反対咬合は、

  1. 上下の前歯の傾斜が原因の場合
  2. 下アゴが骨格的に大きすぎる、上アゴが骨格的に小さすぎること

で上下がかみ合わない場合などの原因が考えられます。

反対咬合

1.や2.になる原因としては、遺伝の他、悪習慣(くせ)などの生活習慣が挙げられます。 反対咬合は、見た目以外に、発音や物を噛みきることができないなどを引き起こします。 また、反対咬合の場合、奥歯に掛かる負担が多いため、歯の寿命が短くなってしまう場合があります。

反対咬合の治療について

反対咬合 症例

治療前

反対咬合 症例

治療前

反対咬合 症例

装置

反対咬合 症例

治療後

性別 男性|年齢 18歳

主訴 上下前歯のガタガタ
治療装置 白い表側矯正装置
抜歯 親知らず 2本
治療期間 1年6か月

歯列の側方拡大と行い歯を配列しました。

矯正前

すきっ歯 症例画像

治療中

すきっ歯 症例画像

治療後

すきっ歯 症例画像

お顔の変化

すきっ歯 症例画像

症例一覧はこちら

治療費概算

検査診断料 ¥50,000+tax
白い表側矯正装置 ¥750,000+tax
処置料 ¥5,000+tax /毎回