歯がでこぼこしている

歯がデコボコしている状態(叢生)とは

歯がデコボコしている状態は、専門的には、叢生(そうせい)または、乱杭歯(らんぐいば)といいます。
八重歯も叢生に分類されます。
最新の厚生労働省の歯科疾患医療調査では、12~20歳の40%以上が叢生と報告されています。
日本人は欧米人に比べて、アゴが小さいので叢生の人の割合が多いと言われています。

アゴが小さかったり、歯が大きかったりすると、歯が生えてくるための十分なスペースがないために引き起こされます。
叢生は、見た目の問題もありますが、歯が前後左右重なり合っているため、歯磨きがしにくく、虫歯、歯肉炎、歯周病の原因となります。

叢生の治療について

  • こどもの場合

    歯を抜かずに、アゴや歯列を広げる矯正治療が可能です。

    • 治療前

    • 治療後

  • 大人の場合

    歯を抜いて、歯がきれいに並ぶためのスペースを確保してから歯を動かします。

    • 治療前

    • 抜歯後

    • 装置装着

    • 治療後