歯が前に出ている

歯が前に出ている状態(上顎前突)とは

歯が前に出ている状態は、専門的には、上顎前突(じょうがくせんとつ)といいます。一般的には、出っ歯と言われることが多いです。
上顎前突は、

  • 1.上の前歯が強く前に傾斜している場合
  • 2.上のアゴそのものが前に出ている場合
  • 3.下の前歯が内側に傾斜している場合
  • 4.下のアゴが後ろに引っ込んでいる場合

の4つの原因が考えられます。

原因としては、遺伝の他、口呼吸や指しゃぶりなどの生活習慣が挙げられます。
上顎前突は、見た目の問題もありますが、歯を折りやすいなども引き起こしてしまいます。
また、噛み合わせが悪いため、歯の寿命にも影響があります。
それぞれ、1〜4のタイプによって治療内容が異なります。

上顎前突の治療について

  • こどもの場合

    前歯が強く前に傾斜している場合、指しゃぶり、唇を噛むなどの悪習慣(くせ)が原因となっている場合が多いため、特殊な装置を使用することで、癖を除去し、矯正治療をします。
    下記の患者様は、上のアゴそのものが前に出ていたため、上のアゴがこれ以上成長しないように抑制し、最終的にはブラケット装置を使用し噛み合わせを整えました。
    *子供の頃に本治療をすることで、大人になった際に矯正治療における外科手術をすることを回避することにつながります。

    • 治療前
    • ブラケット装着
    • 治療後
  • 大人の場合

    歯をきれいに並べるためと、出ている前歯を引っ込めるために歯を抜いて、
    歯を動かしました。きれいな歯並びと理想的な口元になりました。

    • 治療前
    • 治療後