下あごが前に出ている

下あごが前に出ている状態(反対咬合)とは

下顎が前に出ている状態は、専門的には、下顎前突(じょうがくせんとつ)や反対咬合(はんたいこうごう)といいます。一般的には、受け口(うけくち)と言われることが多いです。

普通、上の歯が下の歯を覆い被せますが、下の歯の方が前に出ています。

反対咬合は、

  • 1.上下の前歯の傾斜が原因の場合
  • 2.下アゴが骨格的に大きすぎる、上アゴが骨格的に小さすぎること

で上下がかみ合わない場合などの原因が考えられます。

1.や2.になる原因としては、遺伝の他、悪習慣(くせ)などの生活習慣が挙げられます。
反対咬合は、見た目以外に、発音や物を噛みきることができないなどを引き起こします。
また、反対咬合の場合、奥歯に掛かる負担が多いため、歯の寿命が短くなってしまう場合があります。

反対咬合の治療について

  • こどもの場合その1

    歯の傾斜が原因で反対咬合の状態になっている場合

    • 治療前

    • 装置

    • 装置

    • 治療後

  • こどもの場合その2

    上下アゴの大きさのバランスが悪く、上下がかみ合わない場合
    *子供の頃に本治療をすることで、大人になった際に矯正治療における外科手術をすることを回避することにつながります。

    • 治療前
    • 治療後
  • 大人の場合
    • 治療前

    • 治療前

    • 装置装着

    • 治療後