スタッフブログ

みずの矯正歯科

スタッフブログ

歯磨きの大切さと歯を支えている仲間

今日は歯磨きの大切さについてお話しします。
さて、歯をいつも支えている存在とは誰でしょう…
それは歯ぐきや歯槽骨(歯を支えている骨)といった仲間。
歯磨きが不十分で磨き残しがあると歯周病になり歯茎が赤く腫れ下がってしまいます。
歯茎が下がると、今度は歯槽骨(歯を支えている骨)も溶けてしまうのです。
歯茎が下がったり歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けるのは、不正な噛み合わせも
原因です。

 

これは、本当に大変な事で歯槽骨(歯を支えている骨)が溶けると、
歯が抜けてしまうからです(涙)毎日の歯磨きは歯の一生に関わっているのです。

 

今ある歯は何物にも変える事が出来ないほど価値のあるもの。
歯の将来を考えるならば矯正をするメリットは大きいのです。

 

その理由として、矯正は歯並びが綺麗になるだけではなく、歯磨きがしやすくなったり、
正しい噛み合わせになる事で歯茎が下がったり、歯槽骨(歯を支えている骨)が
溶けるのを防ぐ事ができます。

 

明日は久し振りに沢山の友人と会えます。矯正している歯を見て何と言ってくれるか楽しみで
仕方ありません。その為に、私は何十分もかけて丁寧に丁寧に歯磨きをします(笑)

 


 

また、みなさんは、歯並びが悪いのは、遺伝がほとんどと考えていませんかー?
実は、小さい頃の生活習慣も大きく関わっているのです!
そこで、歯並びを悪くしてしまう可能性がある原因を紹介します!

 

△指しゃぶり
幼児の時は特に問題がないのですが、この指をしゃぶる癖が長く続きますと、前歯が出っ歯になってしまいます。

 

△舌を前歯でかむ・舌を押し出す
舌を前方に押し出したり、前歯で噛む悪い習慣がつくと、奥歯で噛み合わせても前歯でかみ合わない開口という噛み合わせになってしまいます。

 

△口呼吸をする
歯を唇で押さえる力が弱くなり舌の位置が異なったり、口の筋肉バランスが崩れて出っ歯や受け口の要因となる事があります。

 

△頬杖をつく・片方ばかり向いて寝る
左右どちらかの顎にだけに力がかかるような生活習慣をしていますと、歯や顎の成長に左右差が出てき、当然歯並びにも問題が生じてきます。

小さい頃、私もいつまで経っても指しゃぶりをしていて、よく怒られた記憶があります...

お子様にこのような癖がある場合は、徐々に直すように心がけましょう。
将来のために予防してくださいね♪

 

 

医院名 みずの矯正歯科
住所 〒462-0843
愛知県名古屋市北区田幡2丁目12-14
明治安田生命黒川ビル1階
電話 052-981-2211
診療時間
10:00〜13:00
14:30〜19:00 × ×
14:30〜18:00 × × ×

休診日:月・木・日(隔週)・祝日
※日曜診療は隔週での診療となります。詳しくはお問い合わせください。

Mizuno Orthodontics. ©2018